Lesson


音楽の形 ヴァイオリンサイズ 便利な機器 バロックダンス
Good Idea 部分練習 一茶百句俳句かるた 教本物語


音楽の形

アリア Aria(イ) Air(フ) Arie(ド)
主にオペラで、ソロのきかせどころとして歌われる美しいメロディをもった曲のことです。

アルマンド Allemande(フ)
アルマンドとは、フランス語で「ドイツの」という意味です。
その名前の通りドイツの古い踊りの曲で、中くらいのテンポによる2拍子の音楽でしたが、
バッハをはじめバロック期の作曲家たちが組曲組曲やソナタの中にこのアルマンドを取り
入れるようになり、さまざまなテンポや拍子をもつようになりました。

エチュード Etude(フ)
演奏技術を身につけるために作られた曲で、「練習曲」と呼ばれています。

ガヴォット Gavotte(フ、ド)
ガヴォットは16世紀ごろフランスの「ガヴォット」という地方で生まれた踊りです。
やがて宮廷で踊られるようになったガヴォットの音楽は、落ち着いたテンポの2分の2拍子
または4分の4拍子で、4部音符2つのアウフタクトから始まるフレーズが特徴になっています。

クーラント Courante(フ)
フランス語の「走る」ということばがもとになった踊りの曲で、イタリア風とフランス風の
2つのタイプがあります。

ジーグ Gigue(フ)
ジーグはイギリスで生まれたテンポの速い踊りの曲です。

ブーレ Bourree(フ)
ブーレは、17世紀ごろフランスで生まれた踊りです。
ブーレの音楽はアウフタクトではじまるテンポの速い2拍子の曲で、
わかりやすくはっきりとしたリズムをもち、明るく軽やかな曲になっています。

ミュゼット Musette(フ)
ミュゼットは、もともとフランスの民族楽器の名前ですが、この楽器で演奏する曲や、この楽器
のイメージで作られた曲にミュゼットという名前がつかられるようになりました。

メヌエット Menuet(フ) Minuetto(イ) Menuett(ド)
メヌエットは、フランスを中心に発展した宮廷の代表的な踊りです。

ワルツ Walzer(ド) Valse(フ)

ワルツという名前は、ドイツ語で「回転運動」を意味することばからついたといわれています。
3拍子にのって、男女が一組になって円をえがきながら踊るので、日本語では「円舞曲」といいます。